• 疲労しやすい体にアラ(ALA)がおすすめ

    若かりし頃は激しい運動にも耐えられ、翌日も平気な顔して運動をしていたものですが加齢とともに疲労度が増してしまいそんな事も徐々に難しくなります。

    その疲れやすい体にしてしまっている原因は乳酸を思い浮かべる人が多いと思いますが、それだけではなくアラの減少も原因の一つです。

    人間の日常の動作や思考するために必要なエネルギーは主に糖と脂肪から生成されますが、血液中のグルコースとグリコーゲンを分解する過程で発生するのが乳酸です。激しい運動をすればするほど疲労物質乳酸が蓄積されますが、それは糖をたくさん消費するためで、糖の消費が増加すると一部が分解しきれず乳酸になり、疲労感を感じやすくなってしまいます。

    しかし若い頃に比べて疲労感を感じるようになったというのは乳酸ではなく細胞小器官の機能が低下している方が可能性としては大きい事が分かってきました。



    糖の分解をしてくれるミトコンドリアと呼ばれる細胞小器官の機能が低下してしまうと、当然のことながらエネルギーが生成される量、効率ともに低下します。

    同時にミトコンドリアでの糖の分解ができる量も低下しますので、激しい運動でなくても少しの運動で乳酸の発生が増えるようになり、その結果疲れやすくなってしまうのです。

    そんなミトコンドリアの機能の低下を予防するのに効果的なのがアラ(ALA)と呼ばれるアミノ酸の一種です。



    10代の頃は体内でミトコンドリアを生産しやすいものの、この頃がピークで徐々にその生産量が減少してしまいます。それを補うためには外部、つまり食事やサプリなどからアラを取り入れる必要があります。
    アラはサプリであれば必要な量を毎日摂取しやすく習慣化しやすいためおすすめです。